月刊「教育美術」

月刊「教育美術」

月刊誌『教育美術』は、創刊以来約80年に渡って日本における美術教育の進歩と振興を目指しています。教育現場の優れた実践や研究を紹介しながら、造形・美術教育の理念を広め、子どもたちが豊かな情操と創造力を育むことができるよう、また指導者が実践をより深めることができるように独自の情報発信に努めています。
美術教育の授業実践レポート、造形・美術教育のトレンドをはじめ幅広い情報を網羅。全国の幼稚園や保育所、小学校、中学校など、造形・美術教育に携わる人々のニーズに合わせた情報を提供する日本唯一の専門誌です。造形・美術教育の貴重な資料として全国の教育委員会、大学の研究室などから購読されているほか、全国の大学図書館などに所蔵され、指導者だけでなく研究者にも幅広く活用されています。

主な内容

<表紙・巻頭口絵> 
全国教育美術展応募作品の中から優秀作品を掲載します
<保育実践・授業実践> 
幼稚園・保育園から小・中学校の授業における取り組みの内容や指導者独自の工夫などを紹介。
<実践報告を読んで> 
美術教育専門家による「保育実践」「授業実践」の感想やアドバイス。
<スクールアート風土記> 
全国各地の先生方に、地域独自のアートや美術教育に関するカリキュラムや行事などを紹介してもらうコーナー。
<特集> 
月替わりでアートや美術教育全般に関する広いテーマを決め、あらゆる視点から美術教育を考えます。
<美術館と学校の連携> 
全国各地美術館が各種学校と連携して行う授業例を紹介します。

2018年3月号 No.909

201803 表紙
【特集】グローバル化と美術教育

国際標準の美術教育について考える
―ユネスコスクールと国際バカロレアの学びから―
 横浜国立大学教育学部 准教授 小池 研二

国際バカロレアで探究する美術科の学び
 東京学芸大学附属国際中等教育学校 教諭 後藤 保紀

違いの理解と共生の実現プロジェクト
 広島県 広島大学附属東雲小学校 図画工作科 教諭 島谷 あゆみ

横浜山手中華学校の美術教育について
 横浜山手中華学校 美術科 主任 王 節子

ESDの視点による美術指導 ~交流を通して生まれる絆~
 愛知県立みあい特別支援学校 教諭 石川 静江、河合 健太郎

グローバル化する社会の中でのアート・プロジェクト
 大妻女子大学 教授 金田 卓也

※連載情報は詳細をご確認ください。
価格930 円(税込)

2018年2月号 No.908

201802 表紙
【特集】第77回 全国教育美術展 作品集
    ~子どもたちの学びから生まれた絵~

全国教育美術展の歩み・集計結果

第77回 全国教育美術展 受賞校一覧

全国学校賞・特別支援学校賞 受賞校紹介

第77回 全国教育美術展 作品集
 全国教育美術展特選作品の中から、全国審査委員の推奨する
 109点の制作者(子ども)と指導した先生のことば

全国56地区・海外日本人学校の審査

全国審査員からひとこと
 石丸 良成、伊藤 裕子、大坪 圭輔、岡田 京子、小野 洋子
 加藤 修、栗山 誠、郡司 明子、玉川 信一、照沼 晃子
 冨永 千晶、永井 一也、東良 雅人、平田 智久、堀井 武彦
 堀江 俊夫、松山 明、安田 政彦、山本 文彦、横山 徹

特選者名簿

価格2,060 円(税込)

2018年1月号 No.907

201801 表紙
【特集】新学習指導要領解説・中学校編
 ◎新学習指導要領特集企画第三弾◎
 調査官×先生 新学習指導要領座談会・中学校編 
  出席  東良 雅人 (文部科学省 教科調査官)

道越 洋美 (静岡県 教育委員会 静西教育事務所 指導主事)

鷹野 晃 (山梨県 北杜市立武川中学校 校長)

中村 一哉 (東京都 府中市立府中第五中学校 元校長)

長尾 菊絵 (東京都 西東京市立ひばりが丘中学校 主任教諭)
  司会 ふじえ みつる (教育美術振興会 理事・愛知教育大学 名誉教授)

[資料]座談会で登場した「中学校学習指導要領解説」抜粋

[ミニ特集]
 デジカメ(スマホ)で撮った写真の扱い方
 ~ディスプレイと印刷の違い~

※連載情報は詳細をご確認ください。
価格930 円(税込)