研究会・イベント情報

研究会・イベント情報のお知らせ

研究会やイベントの情報を随時掲載していきます。
掲載をご希望の方は、右記応募フォームボタンからご連絡ください。

研究会の情報を募集しております。掲載ご希望の方はこちらよりご連絡ください。


東京藝術大学130周年記念事業全国美術・教育リサーチプロジェクト

日時2017年11月17日(金)−12月3日(日)
午前9時30分 − 午後5時(入館は午後4時30分まで)

※ただし、会期中の金・土は午後8時まで開館(入館は午後7時30分まで)

休館日:月曜日
会場東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
展覧会名:東京藝術大学130周年記念事業全国美術・教育リサーチプロジェクト- 文化芸術基盤の拡大を目指して-「子供は誰でも芸術家だ。問題は、大人になっても芸術家でいられるかどう かだ。パブロ・ピカソ」

観覧料:無料

主催:東京藝術大学美術学部

後援:文化庁

協力:東京藝術大学美術学部杜の会


展覧会概要:

本展覧会は、幼稚園児、小中高生、現役大学生からアーティストまでの作品を一堂に展示することで、我が国における美術教育の流れを体感する貴重な機会となります。

価値観が多様化する現代に於いて、「自分を生き生きと表現する」若者を育成し、「生きる力を喚起し創造力ある」社会をつくるためには、個々人の個性や想像力を育む美術教育の役割は非常に重要であると考えています。故に、これからの美術教育を考える上では、小中学校や高校での授業を通して、さらに多様な芸術表現を学ぶ機会を増やさなければなりません。そして、幼稚園→小学校→中学校→高等学校と繋がる美術教育の流れが途切れることの無いよう、一層関係性を強化し、大学とも深く連携することで、子供たちの成長過程に即した創造力の育成を行うべきであると考えます。

本展覧会は、我が国における美術教育を再考し、美術教育に新しい流れを生み出す呼び水となることを目指しています。

問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600

ウェブサイト:http://research-project.geidai.ac.jp/


関連企画:

<特別シンポジウム>

「日本・美術・教育」

日本における美術とは?教育とは?

その現状と課題、改善の方向性を徹底議論する。

日時:11月17日(金)14:00−16:00

会場:東京藝術大学美術学部絵画棟1F大石膏室

※申込不要・参加費無料

パネリスト:

日比野克彦(アーティスト/東京藝術大学美術学部長・先端芸術表現科教授)

椿昇(現代美術家/京都造形芸術大学美術工芸学科長・教授)

畠山直哉(写真家/東京藝術大学大学院映像研究科教授)

橋本和幸(東京藝術大学大学美術学部デザイン科教授)  

進行:中村政人(アーティスト/東京藝術大学絵画科油画教授)

<ラウンドテーブル>

「美術」において育成すべき資質・能力とは?

 -東京藝術大学教員と幼・小・中・高の教員による公開ディスカッション-

日時:11月18日(土)14:00−16:00

会場:東京藝術大学美術館3階展示会場内

※申込不要・参加費無料

パネリスト:東京藝術大学各科教員、幼・小・中・高教員

関連企画チラシ


第7回高校生アートライター大賞

日時応募〆切:2017年10月11日(水)
結果発表:2018年1月ウェブ上にて
表彰式:2018年2月(予定)
高校生アートライター大賞とは・・・
アートについて自分の言葉で考え、伝える力を育む、高校生のためのエッセイのコンテスト。
2005年から1年おきに筑波大学で開催。

課題:アートとあなたとのかかわりを、2000字のエッセイにして送って下さい。
募集部門:◎制作体験 自分が作品をつくった体験をもとに書く
     ◎作品探究 アーティストがつくった作品について書く
     ◎芸術支援 アートと人々の交流について書く
応募資格:高等学校ならびにそれに相当する公的教育期間に在籍する生徒。
賞:賞状並びに記念品 大賞3編、優秀賞17編、入選30編、学校賞

選考委員:特別選考委員
      内田伸子(お茶の水女子大学名誉教授)
      熊倉純子(東京藝術大学教授)
      東良雅人(国立教育政策研究所教育課程調査官)
     筑波大学芸術専門学群担当教員
     筑波大学生

条件:2000字以内で、個人が日本語で執筆したもの。図や参考文献一覧等は文字数に含まれません。文章の題名を各自でつけてください。
小論文のように論題を設定して論理的に考察しても、体験報告や随想のように個人的な思いを中心に語っても、雑誌や新聞記事のように伝えることを主眼にしたものでも構いません。
「アート」の葉には、美術やデザインを中心とした視覚芸術を想定していますが、執筆者が自由に判断して下さい。
学校の美術教科書にも、多様な美術の例が示されていますから、参考にして下さい。

応募方法:下記ウェブサイトの情報に従って原稿を作成し、インターネットから送信して下さい。詳しい応募方法やこれまでの入賞作品は、ウェブでご覧下さい。


問い合わせ先
〒305-8574 茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学芸術専門学群 高校生アートライター大賞係 
Tel & Fax 029-853-2821  
naoe[at]geijutsu.tsukuba.ac.jp ([at]を@に変えて入力してください。) 
芸術支援コース教授 直江俊雄

リュミエール!

日時2017年10月28日(土)より順次全国ロードショー
会場東京都写真美術館他

18951228日パリ。フランスのルイ&オーギュスト・リュミエール兄弟が発明したシネマトグラフで撮影された映画、工場から出てくる人々を撮影した有名な『工場の出口』が世界で初めて有料上映された。全長17m、幅35mmのフィルム、1本約50秒、現在の映画の原点ともなる演出、移動撮影、トリック撮影、リメイクなど多くの撮影技術を駆使した作品は、その当時の世界中の人々を驚かせ興奮させた。そして、そこに描かれているのは、あの頃から現代に至るまで変わりのない人々の生きる姿

本作は、1895年から1905年の10年間にリュミエール兄弟により製作された1422本の中から、カンヌ国際映画祭総代表、リヨンのリュミエール研究所のディレクターを務めるティエリー・フレモー氏が選んだ108本から構成され、リュミエール兄弟にオマージュを捧げた珠玉の90分である。映像は4Kデジタルで修復され、フレモー氏が自ら解説ナレーションを担当。映画を愛してやまない全ての人に贈る奇跡の映像の数々が、きっとあなたを122年前の世界の旅へと誘う。

 

<監督ティエリー・フレモー、製作者ベルトラン・タヴェルニエからのメッセージ>

2015年で、シネマトグラフ・リュミエールが誕生して120周年を迎えました。いまこそ、リュミエール映画の価値とシネマトグラフ作品としての質の高さを称え、映画の〝発明者〟が存在した意義を改めてかみしめるときです。〝発明者〟という言葉に引用符をつけたのは、1895年にリヨンからモンプレジールで起こった出来事を尊重しつつ、映画のような世界的発明は長い過程の末に達成されたものであること、そしてマイブリッジ(写真家)、マレー(発明家)、ドムニー(発明家)、レイノー(発明家)、エジソン(発明家)も重要な役割を果たしていることを、心にしっかりと銘記する必要があるからです。ルイ・リュミエールが〝宙に浮いていた〟と表現したアイデアを、見事に映画という形に結実させたのが、リュミエール兄弟です。

これらの先駆者が苦心して映画を作り出した過程は、非常に長いものでした。外に出て撮影を行い、動画となるように研究を重ね、観客を集めて上映する。これらの長い長い過程を「大きな飛躍」とひと言で表現することをお許しいただきたく思います。

これらの過程は単に、技術的進歩という言葉では言い尽くせません。シネマトグラフは映画というものすべてを象徴しています。厳選された114本の「小さな映画」は、「大きな飛躍」の結果生まれたものであり、リュミエール兄弟の偉業は、創造的インスピレーション、無限の想像力、世界的な視野から生まれたものなのです。シネマトグラフが発明され、瞬く間に世界に普及したおかげで、世界中の人々が「別世界」を体験できるようになりました。リュミエール兄弟の活動は、まさに映画製作者と呼ぶにふさわしいものです。演出を考え、テーマを作り出す。これらの活動は、のちに何千人もの映画監督に影響を与えます。さらには、キャメラマンを世界中に派遣することまで行ったのです。

したがって、リュミエール兄弟が活動した世紀は、啓蒙の時代と呼べるでしょう。ルイ、オーギュスト、そして父のアントワーヌが啓蒙者です。兄弟が発明した映像システムは、映画の輝かしい未来の可能性を示すものであり、映像の作成方法が模索されていた時代において、1つのシステムとして確立し、以後ずっと使われていくのです。ジャン・ルノワール(映画監督)の次の言葉が真実を語っています。「リュミエール兄弟が製作した映画は、歴史ではなく、人々の生活だ。そして人々の生活は歴史より、深遠なものである。だからこれらの映画は、極めて重要なのだ。われわれの想像力、つまり、今日では「芸術作品」と好んで呼ばれているものの扉を開けるものであったから」。

ティエリー・フレモー、ベルトラン・タヴェルニエ

 

 http://gaga.ne.jp/lumiere!/

 

改組 新 第4回日展

日時2017年11月3日(金・祝)~12月10日(日)
会場国立新美術館
入場料 当日券 一般1200円、高・大学生700円
    前売券 一般1000円、高・大学生500円
※小中学生は無料。団体券は20名以上。
※会期中の「日展の日」(11月10日)は入場無料


日展会期中のイベント
◎講演会・シンポジウム・映像による解説等
作品の背景と美術の本質を分かりやすく解説。
開催日程:日展会期中の土・日・祝日
会場:国立新美術館 3階講堂
参加費:無料

◎らくらく鑑賞会
出品作家たちとゆっくり日展を鑑賞したい方に
開催日程: 日展会期中の毎月曜日
時間: 午前10:30集合 16:10解散(昼食つき)
定員: 各回10~15名
参加費: 1名 5,000円 (入場料・昼食・テキストほか)
参加申込: 予約制

◎ミニ解説会
期間中の平日開催&1人からでも解説が受けられる。
開催日程: 日展会期中の平日(土・日・祝日・初日・11月12日を除く各日)
時間: 午後1時30分~ (30分間程度)
定員:各部門20名 (5部門)
参加費: 無料
参加申込: 予約制 ※当日受付あり

◎グループ作品解説
平日(月~金)に15名前後の団体で作品解説をご希望の方に
日展作家が会場をご案内いたします。 日本画・洋画・彫刻・工芸美術・書のいずれか1部門をお選びいただき、約1時間で主要作品をご説明いたします。
校外学習やクラブ活動など、学校のグループにも学年や目的に応じた解説をいたしますのでご相談ください。
参加申込:予約制

◎親子鑑賞教室
作品の制作を体験することで、素材や表現、美術に対する理解を深め、鑑賞する力を養います
後援:心の東京革命推進協議会(青少年育成協会)
対象:小・中学生とその保護者
定員:各部門10組 (20名程度)
参加費:無料
参加申込: ハガキによる申し込み
前回の実施レポートはこちらからご覧いただけます。こども日展 親子鑑賞教室 レポート

シネリテラシーフェスタ2017

日時【福島シネリテ映画祭】期日:2017年11月25日(土) PM 2:00~4:00
           場所:フォーラム福島(福島市曽根田6-4)
【新潟シネリテ映画祭】期日:2017年12月2日(土) PM 2:00~4:00
           場所:新潟・市民映画館シネ・ウインド(新潟市中央区八千代2-1-1)
*入場料:200円(出品者と登録した担当教員は無料です。)

申込み期限:10月2日(月)
作品提出期限:10月31日(火)

<応募資格・作品の条件>

・学校における教育活動として取り組んだ映像作品で、担当教員が責任者となってください。

・作品のテーマや形態は自由。ドラマ、CM、ドキュメンタリー、アニメなど「映像メディアによる表現」として成り立ち、教育的な意義と可能性を探求しているものとします。

・作品の長さは10分以内。記録はDVDにデータ(MOVMP4Quick Timeなど)で保存したものとします。

・提出は郵送にて事務局までお送りください。

・著作権に関して教育的な配慮をお願いします。(特に使用楽曲)

・上映会ではレッドカーペット上のオープニングセレモニー、表彰、トークセッションなどを予定しています。

・作品提出期限 1031日(火) 

<審査・上映作品>

 実行委員による審査を行います。本企画の意図に照らし合わせながら会場ごとに上映作品を選出します。上映作の出品者には賞状と楯(上映作品を収録した記念DVD)を授与します。

<参加方法>

申込用紙に学校名、担当教師名、所属先住所・電話番号、E-mailをメールにて事務局へお知らせ下さい。

申込期限102日(月)

参加料:1校につき1,000(上映会当日納入してください。)

<主 催> 福島シネリテ映画祭実行委員会、新潟シネリテ映画祭実行委員会  

<事務局> 新潟大学教育学部 柳沼宏寿研究室 

950-2181新潟市西区五十嵐2の町8050番地 

TEL/FAX 025-262-6900   E-mail /yaginuma@ed.niigata-u.ac.jp

GCL(クローバル・シネリテラシー)プロジェクト

日時まずは受付可能かどうか事務局へメールで問い合わせてください。
応募〆切り:2017年8月末日(又は応募校数が10校を越えた時点)
作品提出期限:11月末日

映像作品に英語で字幕をつけて国際交流しませんか。児童・生徒の制作した映像作品を海外と交流する「グローバル・シネリテラシー(Global Cine Literacy)」を実施します。本プロジェクトでは国境を越えた鑑賞を相互に成立させるために「英語字幕」を付すことを公募条件とします。(今年度9年目を迎える「シネリテラシーフェスタ」の国際版です。上記のフェスタでの上映も視野に入れながら推進します。)

<実施概要>

(1)    本年度は日本国内から10校程度受け入れ、海外の学校との交流を仲介します。

(2)    交流先は、オーストラリア、ドイツ、ギリシャ、アメリカ、フランス、クロアチアなど、今後増える可能性があります。作品提出の時期と受け入れ先の準備状況を考慮して交流先を決めます。そのため、相手国の調整は事務局に一任させていただきます。基本的に同世代で交流します。)

(3)   英語で鑑賞し合うため、作品には英語の字幕を付けて完成させるとともに、相手国の作品鑑賞の際に事務局が準備する項目に沿って英語で回答していただきます。

(4)    交流先からの映像作品は、同時期に送られてくるとは限りません。相手国の事情によっては、交流の全過程が完了するまでに数ヶ月の期間を要することもあります。卒業学年で応募する場合は早期に完成しアップすることをお勧めします。

(5)   参加料は無料ですが、作品制作・データ保存、その他応募や交流にかかる一切の経費は自己負担となります。

<申し込み>

(1)   まずは受付可能かどうか事務局へメールで問い合わせてください。(8月末日、又は10校を越えた時点で締め切ります。)

(2)   受付可能な場合、以下の内容を日本語と英語でメールにて登録していただきます。

<①国名、②住所、③学校名、④担当者名、⑤メールアドレス、⑥作品タイトル、⑦時間、⑧作品の概要>

(3)   作品提出について(11月末日締め切り)

  作品は10分以内とします。(クレジットを含む)

  テーマや技法は問いませんが、学校教育において制作されたものとします。

  英語で鑑賞し合うため、作品には英訳した字幕を付けてください。(セリフが英語であれば不要です。)

・字幕は読みやすいセリフの長さと字の大きさで作成してください。(字幕制作の手順を必要に応じてお知らせします。)

・英語科と連携し、できるだけネイティブチェックを行ってください。

  提出動画は、mov形式もしくはmp4形式、1920×1080のサイズで書き出してください。

  提出Googleドライブを利用してアップしていただきます。

<主催> シネリテラシーフェスタ実行委員会

<事務局> 950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050番地 新潟大学教育学部  柳沼宏寿研究室

 TEL/FAX 025-262-6900  E-mail/yaginuma@ed.niigata-u.ac.jp     

第35回東京都中学校美術教育研究大会 第5ブロック大会 足立大会

日時2017年12月1日(金)受付開始12:30/スタート13:30~
会場足立区立千寿青葉中学校
足立区千住宮元町27-6(TEL 03-3883-7456)
時期学習指導要領の平成33年度全面実施に向け、専門的な検討が現在行われています。学びの質や深まりが重要とされ、従来の4つの観点にによる評価が「学びに向かう人間力」「思考・判断・表現力」「知識・理解」の3つの柱に整理されます。また新たにアクティブ・ラーニングの視点による授業の組み立てが求められるようになり、より多角的に生徒の学びの活動を評価することが大切になってきています。
これまでの大会の研究成果を踏まえながら、10年後の美術教育への架け橋となるブロック大会にしていきたいと考えています。

主催 東京都中学校美術教育研究会

第56回東京都図画工作研究会城北大会

日時2017年12月8日(金)
会場足立区立関原小学校
足立区関原3-38-3
大会テーマ 『こうしたい!』~図工のこたえは子供の中にある~

内容 公開授業、分科会協議会、指導講評、記念講演

主催 東京都図画工作研究会城北ブロック(足立区、豊島区、北区、練馬区、板橋区)

平成29年度さんもっくの会(幼児造形教育研究会)

日時2017年4月21日(金)*終了しました
2017年5月12日(金)*終了しました
2017年6月16日(金)*終了しました
2017年9月8日(金)*終了しました
2017年11月10日(金)*終了しました
2018年1月19日(金)
2018年2月9日(金)

各回共通18:30~20:30
会場サクラクレパス
東京都台東区柳橋2-20-16サクラ東京ビル

身近な表現を大切にした保育を目指す!保育実践講座全7

 

参加費 1回参加:1500円、3回一括:4000円、年間一括:8000

問合せ 幼児造形教育研究会事務局 TEL 03-3862-3937

幼造研ホームページ http://www.yozoken.net/

 

1回 4/21(金)

実践発表をもとに考えよう

もっとダイナミックに「絵の具」あそび

◆ワークショップ:絵の具の使い方、えのぐ遊びいろいろ 

◆平田智久プチトーク

 

2回 5/12(金)

井口先生と一緒に

「保育」について、大いに語り合おう!

◆作品や写真を持ち寄って、保育について大いに話し合おう!!

 

3回 6/16(金)

実践発表をもとに考えよう

子どもから生まれる「ごっこあそび」を支える

◆ワークショップ:イメージを喚起する素材や道具の出し方 etc

◆平田先生プチトーク

 

4回 9/8(金)

実践発表をもとに考えよう

絶対におもしろい「つち粘土」

◆ワークショップ:つち粘土の扱い方、進め方 etc

 

5回 11/10(金)

平田先生と一緒に

作品を持ち寄って「子どもの気持ち発見!」

◆作品や写真を持ち寄って、子どもについて大いに話し合おう!!

◆平田先生プチトーク

 

6回 1/19(金)

実践をもとに考えよう

もっと気軽に「木工」を楽しもう!

◆ワークショップ:木工の材料、道具、扱い方、進め方 etc

◆平田先生プチトーク

 

7回 2/9(金)

実践をもとに考えよう

かけがえのない仲間と学年末を過ごす

◆ワークショップ:みんなでやりたい遊びのいろいろ

◆平田先生プチトーク

 

カテゴリー