研究会・イベント情報

研究会・イベント情報のお知らせ

研究会やイベントの情報を随時掲載していきます。
掲載をご希望の方は、右記応募フォームボタンからご連絡ください。

研究会の情報を募集しております。掲載ご希望の方はこちらよりご連絡ください。


平成29年度さんもっくの会(幼児造形教育研究会)

日時2017年4月21日(金)*終了しました
2017年5月12日(金)*終了しました
2017年6月16日(金)*終了しました
2017年9月8日(金)*終了しました
2017年11月10日(金)*終了しました
2018年1月19日(金)
2018年2月9日(金)

各回共通18:30~20:30
会場サクラクレパス
東京都台東区柳橋2-20-16サクラ東京ビル

身近な表現を大切にした保育を目指す!保育実践講座全7

 

参加費 1回参加:1500円、3回一括:4000円、年間一括:8000

問合せ 幼児造形教育研究会事務局 TEL 03-3862-3937

幼造研ホームページ http://www.yozoken.net/

 

1回 4/21(金)

実践発表をもとに考えよう

もっとダイナミックに「絵の具」あそび

◆ワークショップ:絵の具の使い方、えのぐ遊びいろいろ 

◆平田智久プチトーク

 

2回 5/12(金)

井口先生と一緒に

「保育」について、大いに語り合おう!

◆作品や写真を持ち寄って、保育について大いに話し合おう!!

 

3回 6/16(金)

実践発表をもとに考えよう

子どもから生まれる「ごっこあそび」を支える

◆ワークショップ:イメージを喚起する素材や道具の出し方 etc

◆平田先生プチトーク

 

4回 9/8(金)

実践発表をもとに考えよう

絶対におもしろい「つち粘土」

◆ワークショップ:つち粘土の扱い方、進め方 etc

 

5回 11/10(金)

平田先生と一緒に

作品を持ち寄って「子どもの気持ち発見!」

◆作品や写真を持ち寄って、子どもについて大いに話し合おう!!

◆平田先生プチトーク

 

6回 1/19(金)

実践をもとに考えよう

もっと気軽に「木工」を楽しもう!

◆ワークショップ:木工の材料、道具、扱い方、進め方 etc

◆平田先生プチトーク

 

7回 2/9(金)

実践をもとに考えよう

かけがえのない仲間と学年末を過ごす

◆ワークショップ:みんなでやりたい遊びのいろいろ

◆平田先生プチトーク

 

アートフォーラムこころのかたち

日時2018年1月13日(土)~28日(日)
10:00~17:00
会場廣瀬川美術館(群馬県前橋市千代田町3-3-10)
手で見るってどんなことだろう?
群馬県立盲学校の子供たちの作品から感じたことを
みんなで分かち合いましょう!

◎関連イベント
1月21日(日)13:00~16:00
定員:30名(先着・予約不要)
講演・ワークショップ

①手でみる絵画の可能性
 大内 進(独立行政法人国立特別支援教育総合研究所客員研究員)

②視覚障害児の美術教育を考える
 大内 進 × 多胡 宏(群馬県立盲学校長)
 コーディネータ 茂木一司(群馬大学教授)

お問合せ
群馬県立盲学校
電話:027-224-7890

第9回 KOGANEI授業セミナー

日時2018年1月20日(土)12:30~受付
会場東京学芸大学附属小金井小学校

第9回KOGANEI授業セミナー

~考えよう これからの授業~

 

「空気が変わる造形遊び」第4学年

 授業者 守屋 建

 

講師・講演

岡田 京子 先生(文部科学省初等中等教育局教育課程課 教科調査官)

西村 德行 先生(東京学芸大学准教授)

 

参加費&資料代 2000円(参加費1000円、資料代1000円)

        学生は資料代1000円のみ。受付にてお支払いください。

 

申し込み方法 1月18日(木)までに事前申込をお願いします。

詳しくは http://www.u-gakugei.ac.jp/~kanesyo/03kenkyu/2017semina2.pdf

 

主催:東京学芸大学附属小金井小学校

 

新教育課程-実践授業のあり方を問う

日時2018年1月21日(日)13:30~16:30
会場東洋大学白山キャンパス
6号館2階6204号室

公益社団法人日本美術教育連合主催
造形・美術教育フォーラム
『実践授業のあり方を問う -新教育課程』

平成29年3月31日に幼稚園教育要領、小学校及び中学校の学習指導要領が改訂告示され、来年度からの移行措置期間を経て、小学校は平成32年度から、中学校は平成33年度全面実施となります。

今回のフォーラムでは、新学習指導要領の考え方や方向性を基盤とした授業のあり方を、お二人の先生から授業の実践を紹介いただき、新教育課程における図画工作科、美術科の授業実践のあり方について参加者の皆さんと具体的な意見交換を行います。


■日時
平成30年1月21日(日) 13:30~16:30

■会場
〒150-8938 東京都渋谷区広尾4?3?1
東洋大学 白山キャンパス 6号館 2階 6204教室 (交通アクセス

■司会
三澤 一実(みさわ かずみ)武蔵野美術大学教授 日本美術教育連合運営委員

■提案者
大櫃 重剛 (おおびつ しげたか)東京学芸大学附属世田谷小学校教諭

飯田 成子(いいだ しげこ)埼玉県朝霞市立朝霞第五中学校教諭


教育哲学実践者、ローリス・マラグッツィを再考する 

日時2018年1月21日(日)
会場イタリア文化会館 アニェッリホール(東京都千代田区九段南2-1-30)
場所詳細:http://www.iictokyo.com/access/index.html
教育哲学実践者、ローリス・マラグッツィを再考する 
‐今ここにある子どもたちの100の言葉が我々に問いかける未来‐

1960年代にイタリアの地方都市レッジョ・エミリアで生まれたレッジョ・エミリア・アプローチは、1991年に【世界で最も優れた幼児教育】と絶賛されて以来、世界各地でその影響を受けた園が誕生しつつある。レッジョ・エミリア・アプローチは教育アプローチであると同時に、市民が主体となった革命的な社会実践でもあり、それは「我々はどのような未来を育みたいのか」という実直な問いかけと共に、先端的な教育理論に基づいた実践の軌跡でもある。そして、その源泉を知るにあたり重要なのが、思想的牽引者であったローリス・マラグッツィである。
近年関心が高まりつつあるレッジョ・アプローチであるが、その源泉には何があるのか。そして、60年代とは状況を異にする2017年の日本において、はたして我々が学び、共有し、実践すべきことは何であるのだろうか?マラグッツィの思想と実践の糸をたぐるとともに、日本での実践からその「本質」を再考する。

【詳細】

時間:13時-16時30分

場所:イタリア文化会館 アニェッリホール(東京、九段下)

​定員:300名参加費:4000円(会員3500円)

登壇者:佐藤学(学習院大学教授)、秋田喜代美(東京大学教授)、里見実(國學院大學名誉教授)

カンチェーミジュンコ(横浜インターナショナルスクール Early Learning Center 前責任者、JC Academy代表)

主催:NPO法人子ども教育立国プラットフォーム

​後援申請予定:イタリア文化会館、イタリア大使館

※講演後懇親会あり

​興味、関心をともにする人々とチーズとワイン片手に語り合いましょう!※ちなみにチーズは本場パルミジャーノ・レッジャーノ・・

時間:17時-19時

場所:イタリア文化会館 アニェッリホール ピロティ(東京、九段下)

​参加費:4000円(会員3500円)※ドリンク、軽食あり


申込・詳細→
子ども教育立国HP https://www.creative-children-education.com/

国際ジュニア映画祭

日時2018年1月27日(土)14:00~16:00
会場内野まちづくりセンター
新潟市西区内野町413(JR内野駅から徒歩3分)

入場料 無料
国際ジュニア映画祭

シネリテラシーフェスタの国際版。今年度から作品に英語の字幕を付して出品することにより海外の学校と交流を仲介する企画「GCLプロジェクト(グローバルシネリテラシープロジェクト)をスタート。今回は、その成果を中心に作品を紹介すると共にグローバル時代における映像表現の教育的可能性について考えるミニシンポジウムを開催


先生のための教育実践セミナー 図工のみかた in 東京

日時2018年1月28日(日)
13:30-17:00(受付13:00-)
会場聖心女子大学 3号館 340教室
(〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-3-1)

●申込み(定員50名)
 添付しましたチラシの申込書に必要事項をご記入の上,FAXにてお申し込みください。FAX:03-3389-4618
 あるいは下記事項を下記メールアドレス「図工のみかた事務局」までお送りください。
 zuko-mikata[at]nichibun-g.co.jp ※[at]を@に変えてメールしてください。
 ・表題「図工のみかた参加申込」
 ・お名前
 ・フリガナ
 ・ご所属
 ・お電話
 ・E-mail

●参加費
 資料代込 1,000円

●主催
 日本文教出版株式会社

●内容
【第1部】
 (1)基調提案「新学習指導要領から実践へ(仮)」
  大泉義一(横浜国立大学)
 (2)シンポジウム「新学習指導要領と図工の実践(仮)」
  宮内愛(東京都中野区平和の森小学校)
  増子朗(茅ケ崎市立梅田小学校)
  大泉義一
  辻政博(コーディネーター・帝京大学)
【第2部】
 (1)ミニ・ワールドカフェ「みんなで考えよう これからの図工!」
 (2)講評
  水島尚喜(聖心女子大学)


第10回「鉄鋼スラグ製品と海と森」アートコンテスト

日時応募〆切:2018年1月31日(水)消印有効
発表:2018年3月予定
◎応募要項
海や山や川や森、そして私たちが暮らす町や都会を舞台に、様々な生命がいきいきと輝き、共存している様子を表現してください。

◎応募方法
絵画、イラスト、写真(プリント)のいずれかの方法で表現。絵画およびイラスト作品の大きさはA4サイズ以内、写真は四つ切りサイズ以内。応募に際しては鐵鋼スラグ協会のアートコンテストのページより応募 http://www.slg.jp/activity/art_contest/index.html

応募先・お問合せ先
鐵鋼スラグ協会アートコンテスト係 TEL:03-5643-6016

第66回東京学芸大学美術科学部/大学院 卒業・修了制作展/論文発表会

日時卒業・修了展 
2018年2月1日(木)~2月7日(水) 10:00~18:00東京学芸大学芸術館/入場無料

造形芸術学論文発表会 
2月4日(日)10:00~ 東京学芸大学・芸術館ホール

美術教育学論文発表会 
2月4日(日)13:00~ 芸術・スポーツ4号館(美術棟)2階 美術教育演習室
会場東京学芸大学
184-8501 東京都小金井市貫井北町4-1-1

JR武蔵小金井駅・北口より京王バス5番のりば
武41「小平団地」行バス「学芸大正門」下車(徒歩約5分)
東京学芸大学の美術科 学部/大学院による卒業・修了制作展(洋画・日本画・彫刻・版画・工芸・グラフィックデザイン・環境プロダクトデザイン・美術教育学・造形芸術学)

facebook https://www.facebook.com/sotsuten2017/?ref=py_c

第97回愛媛教育研究大会

日時2018年2月2日(金)・3日(土)
会場愛媛大学教育学部附属幼稚園・附属小学校
自己効力感が高まる学びを探る(3ヵ年研究2年次)
【幼稚園】子どもの主体性を支え、育ちをつなぐ保育の充実
【小学校】教科等横断的な視点からの授業づくりと教育課程の再編成

主催 愛媛大学教育学部 愛媛大学教育学部附属幼稚園 愛媛大学教育学部附属小学校

会費 2000円(研究紀要など資料実費含む)
1日のみの参加も可
昼食 700円(お茶付き)

申し込み方法 1月19日(金)までに研究大会事務局へFAXまたは郵送で申込。
TEL 089-913-7853(幼稚園) 089-913-7861(小学校)
FAX 089-913-7862

学習公開・初等教育研修会 筑波大学附属小学校

日時2018年2月9日(金)・10日(土)
会場筑波大学附属小学校
文京区大塚3-29-1
TEL. 03-3946-2014
明治以来百有余年にわたり開催されてきた研修会です。
卓越した研究実績を持つ研究者や実践者を広く全国に求め、一堂に会して何者にも束縛されない研修ができる場を設定してきました。

2/9(1日目) 2/10(2日目)
8:00 受付  
9:20 公開授業
10:00 研究協議
11:00 研修会(各分科会)
12:00 昼食
13:00 研修会(各分科会)
終了16:00

研修会(分科会()
1日目 国語科、社会科、家庭科、体育科、英語活動、情報・ICT
2日目 算数科、理科、音楽科、図画工作科、道徳、総合活動、学校保健

●参加方法 
当日受付用紙に氏名・住所等を記入し、受付で会費を添えて提出してください。引き換えに資料をお渡しいたします。予約申込はありません。申込は全て当日のみです。

●会費 5,000円(要項代含む)

●その他
・授業開始直前は受付等がたいへん混雑します。ゆとりを持ってお越しください。
・入口は占春門のみになります。
・研修会当日の昼食を希望される方は、当日朝、会場入口で食券をお求めください。
・校内に荷物預かり所はありません。大きい荷物は予めどこかでお預けになって参会されることをお勧めいたします。


美術による学び研究会 in 山形

日時2018年2月10日(土)13:30~17:30
2018年2月11日(日)9:00~12:00
会場山形テルサ

問合せ先:山形大会運営事務局 山形大学付属中学校 高嶋裕也
     takashima[at]fuchu.yamagata-u.ac.jp

平成29年度 全国大学造形美術教育教員養成協議会 造形美術教育フォーラム

日時2018年2月17日(土)
12:30~受付、13:00~17:00
会場東洋大学 白山キャンパス 東京都文京区白山5丁目28−20
     2号館16階スカイホール

主 催:全国大学造形美術教員養成協議会

共 催:山陽学園短期大学

協 力:東洋大学、みるを楽しむ!アートナビ岡山


テーマは、以下の通りです。

「5C」の力で子どもの「みる」を楽しみ、学ぶ ~経営学と教育学、異分野研究の素敵な出会い~


・「5C」の力とは:

東洋大学経営学部教授の小川純生先生による『C』から始まる能力をキーワードにした遊び理論です。

「つながり」Connectと「集中する」Concentrationを前提として、人間は大人も子どもも「面白い」を捉える力として、自らの「五感を使って感知する」Catch,「心や体、道具をコントロールする」Control,「視線や表情、言葉でコミュニケーションする」Communicate,「破壊も含めた創造」
Create,「知的な理解や気づき」Comprehendを発揮しているという遊び の説明理論です。

詳細は中学美術ネットへ


幼・小・中連携の新しい学校教育と交流プロジェクト

日時2018年2月23日(金) 8:50~16:30(受付8:30~)
会場京都教育大学附属桃山小学校[〒612-0072 京都市伏見区桃山筒井伊賀東町46]
参加費(資料代として): 一般2500円 学生1000円(要学生証)

内容
〇全体会

〇公開授業1(4学級公開) 1年2組(MC)・2年1組(道徳)・4年2組(算数)・5年2組(MC)

〇公開授業2(4学級公開) 1年1組(生活)・3年2組(MC)・4年1組(MC)・6年2組(社会)

〇公開授業3(4学級公開) 2年2組(MC)・3年1組(国語)・5年1組(理科)・6年1組(MC)

〇講演会
 「新学習指導要領における情報活用能力の育成」
東北大学大学院 情報科学研究科 堀田 龍也 教授


〇シンポジウム
  「各教科で育む『情報科活用能力』について考える」
   シンポジスト
    東北大学大学院 情報科学研究科  堀田 龍也 教授
    関西大学総合情報学部総合情報学科 黒上 晴夫 教授
    京都教育大学附属桃山小学校研究部 長野 健吉・山川 拓
   コーディネーター
    京都教育大学副学長 
大学院連合教職実践研究科長 浅井 和行 教授


お問合せ:京都教育大学附属桃山小学校 TEL.075-611-0138

アンデパンダン展 in 長野県信濃美術館

日時2018年2月27日(火)~3月4日(日)
観覧料無料
会場長野県信濃美術館
県内在住の方々の作品を公募し、展示します。

1 概要

平成29年10月1日より、長野県信濃美術館は全面改築のため長期休館します。休館中は収蔵作品などの引越作業をし、取り壊し直前の平成30年3月の1か月間、美術館を開放し、現在の美術館での最後の思い出を作っていただく機会を提供します。

第一弾企画として、県内在住の方々の作品を公募し、信濃美術館の展示室に展示いたします。一定のルールは設けますが、制作の経験などは不問です。全館に並ぶ、みなさまの作品とともに、取り壊し前の美術館の思い出を分かち合う機会をつくることを目指します。

2 応募資格

長野県内在住の個人の方(プロ・アマ不問、団体でのお申込みはできません)

下記6(1)の日程で、作品の搬出入にお越しいただける方

 

3 出品要項

(1)点  数:1人1点

(2)形  式:平面作品(油彩、水彩、書道、写真、染織など)

額装済みで、ワイヤー等により壁掛けで展示できる状態にあること

(3)寸  法:縦100cm以内×横100cm以内(額装込み)

(4)出 品 料:なし(ただし、応募と搬出入にかかる費用は応募者の負担とします。)

(5)定  員:会場の都合により、抽選200名とします。

 

4 応募方法

申込用紙に必要事項を明記の上、返信用封筒(長形3号、表面に宛名記載、82円切手貼付)を添付し、下記宛先まで郵送してください。書類に不備がある場合は、受付できません。

募集期間:平成29年10月13日(金)~11月13日(月)【当日消印有効】

 

〒380-0801 長野市箱清水1-4-4

長野県信濃美術館 アンデパンダン展受付係

 

5 公開抽選会

応募多数の場合、展示作品を決めるための公開抽選会を実施します。

(1)日  時:平成29年11月23日(木・祝) 13:30~15:00(予定) ※入退場自由

(2)場  所:長野県信濃美術館 3階講堂

(3)結果通知:11月30日(木)頃までに、応募者全員に封書で抽選結果を通知します。

 

6 作品搬出入

(1)受付日時:搬入/平成30年2月24日(土)10:00~12:00、13:00~15:00

搬出/平成30年3月4日(日)15:00~17:00

(2)場  所:長野県信濃美術館

(3)注意事項:応募者が直接来館し、搬出入を行う事。郵送・宅配便による搬出入は不可。

 

7 個人情報の取り扱いについて

ご応募内容のうち、氏名、題名、市町村名のみ会場に掲示します。その他の個人情報については、本展に関する応募者との連絡以外には使用しません。

なお、本展の広報を目的として、作品画像を当館ホームページ、フェイスブックへの掲載、新聞雑誌等の媒体等に提供する場合があります。

 

8 展覧会 概要

展示期間:平成30年2月27日(火)~3月4日(日)(2月28日(水)休館)5日間

時  間:9:00~17:00(最終日のみ15:00まで)

会  場:長野県信濃美術館(長野県長野市箱清水1-4-4) 第一展示室、第二展示室

入 場 料:無料

 

9 主 催 長野県、長野県信濃美術館

解体直前アーティスト・イン・レジデンス in 長野県信濃美術館

日時公開制作 2018年3月5日(月)~23日(金)
発表   2018年3月24日(土)~31日(土)
会場長野県信濃美術館
若手作家を公募し、解体工事直前の信濃美術館で公開制作・作品発表を行います。期間中は、子どもから大人までご参加いただけるワークショップも開催します。

公開制作:2018年3月5日(金)~3月23日(金)
発  表:2018年3月24日(土)~3月31日(土)

<第一展示室>
千田泰広
1977年神奈川県生まれ。武蔵野美術大学建築学科専攻。高所登山やケイビングなどのフィールドワークを行い、「空間の知覚」と「体性感覚の変容」をテーマにインスタレーション作品を制作。
チェコ最大の芸術祭SIGNALに日本人初選出。ヨーロッパ10大ライトフェスティバルへの参加、国立天文台やJAXAの協力による制作等、芸術の境界を探る。
現在長野県でアートパークプロジェクトを進めている。


<第二展示室>
three(川崎弘紀、佐々木周平、小出喜太郎)
1986年福島県出身、2009年結成。
2010年「トーキョーワンダーウォール公募2010」で大賞を、「第5回タグボートアワード」 でグランプリを受賞。国内外数多くのグループ展に参加するほか、2010年より個展「three is a magic number」を毎年開催。
身近に存在し、かつ消費される対象である魚型醤油差しやフィギュアを大量に組み合わせたインスタレーションや立体作品により、現代社会が内包するさまざまな問題の視覚化を試みている。

あ~と寺子屋展

日時2018年3月13日(火)~18日(日)
会場小平市中央公民館1F・市民ギャラリー(最寄駅、西武多摩湖線・青梅街道駅)
NPO団体あ~と寺子屋で2年間運営してきた造形WORKSHOPの、活動写真や作品を展示。

Facebookページ「あ~と寺子屋

第40回美術科教育学会滋賀大会

日時2018年3月29日(木)・30日(金)
会場滋賀大学教育学部(大津市平津2-5-1)
内容:研究発表、研究部会、講演会(予定)、懇親会(滋賀大学遊心館)

主催:美術科教育学会
企画・運営:滋賀大会実行委員会(委員長 新関伸也、事務局長 村田透)
TEL 077-537-7774

日本保育学会 第71回大会

日時2018年5月12日(土)・13日(日)
会場宮城学院女子大学

全国造形教育研究大会 秋田大会

日時2018年7月30日(月)・31日(火)
会場会場 秋田キャッスルホテル
授業会場 山王幼稚園、秋田市立明徳、秋田大学教育文化学部付属小学校・中学校・支援学校、秋田県立美術館 他 (予定)
全体会場 秋田キャッスルホテル
授業会場 秋田市立明徳小学校、秋田大学教育文化学部附属小・中・支援学校、秋田県立美術館、山王幼稚園 他

主催 全国造形教育連盟、東北造形教育連盟、秋田県造形教育研究会

大会ホームページ

第 69 回 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会 奈良大会

日時2018年11月15日(木)・16日(金)
会場全体会場 奈良県文化会館

大会テーマ

「豊かな感性・新たな創造」
‐古都奈良でつくりだす造形教育‐

【幼稚園・保育所(園)・こども園】心が動く豊かな表現
【小学校(部)】学び合う子どもの夢中が輝く造形活動
【中学校(部)】学び合い未来へつなぐ美術教育
【高等学校】繋げる奈良拡がる
【特別支援学校】わくわくと心に響き、伸びやかに表現がはじける造形活動


記念講演 西山 厚 氏 (帝塚山大学教授 前 奈良国立博物館学芸部長)


ホームページ http://www.ne.jp/asahi/art/nazubiken/zenkoku/zenkoku-top.html


主 催 第 69 回造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会奈良大会実行委員会 奈良県保育協議会/奈良県幼児教育研究会/奈良県私立幼稚園連合会 奈良県図画工作・美術教育研究会/奈良県高等学校美術・工芸教育研究会 県立特別支援学校教育研究会/日本教育美術連盟


問い合わせ先:大会実行委員会事務局 奈良市立京西中学校(大会実行委員会事務局長 久保 慶議) 

〒631-0846 奈良県奈良市平松4丁目3-1 Tel.0742-46-5810 Fax.0742-45-9406

カテゴリー