研究会・イベント情報

研究会・イベント情報のお知らせ

研究会やイベントの情報を随時掲載していきます。
掲載をご希望の方は、右記掲載依頼フォームボタンからご連絡ください。

研究会の情報を募集しております。掲載ご希望の方はこちらよりご連絡ください。


はみだす力展 vol.3 ~図工・美術の授業展2021~

日時2021年9月12日(日)~2021年9月19日(日)
10:00~17:00(入場は閉館の30分前まで)
※休館日:9月13日(月)
会場うらわ美術館 展示室A
〒330-0062 さいたま市浦和区仲町2丁目5番1号 浦和センチュリーシティ3階
本展覧会では、子どもたちが見せる「常識にとらわれず、既存の枠組みからはみ出し、未来に向かって飛び出すネルギー」こそが、子どもたちが未来に開くイノベーションに繋がる力であるととらえ、「はみ出す力展」として3回目に臨みます。

■入場料
 無料

■主催
 さいたま市教育研究会図工美術専門部

■共催
 武蔵野線沿線美術教育実践学習会「び会」

image1

はみ出す力展オンライン鑑賞会

日時2021年9月18日(土)12:00〜
会場zoomにて開催します
※peatixでチケット購入をした方に、後日、び会/オンライン鑑賞会のzoomのURLと
 パスワードをお送りします。実施1週間前を目処に送付予定です。
9月のび会では、前半にび会定例会(総会含む)を行い、後半は、9月12日(日)よりうらわ美術館で開催される「はみだす力展〜図工・美術の授業展2021〜」のオンライン鑑賞会を行います。

「はみだす力展〜図工・美術の授業展2021〜」は、幼保小中高大の教育現場で行われている「授業」に焦点を当てた展覧会です。子どもの持つ、常識や現状の枠組みから「はみ出す力」、あるいは未来へと「はみ出す力」―そして、それらと向き合ってきた図工・美術の授業とその学びについて、皆さんで一緒に考える場になることを願い、今年も開催する運びとなりました。今年で3回目となります。

オンライン鑑賞会では、本展に出展している先生方の中から数名の方にご参加いただき、日頃の授業や作品についてのお話を伺っていきます。その他にも、展示室全体の様子などもご覧いただく予定です。遠方で展覧会をご覧になれない方や、今の学校現場での図工・美術の授業や学びにご興味のある方など、どなたでもご参加いただけます。参加を希望される方は、開催1ヶ月前に公開されるチケットの予約フォームにお進みいただき、必ず事前予約をお願いいたします。

●時程
12時00分  び会 受付開始
      ※この時間に、び会に初めて参加する方、zoomを初めて使用する方に
       ご説明を行います。

12時30分  〈前半〉び会定例会(総会含む)

※休憩   【15分】

14時    〈後半〉「はみだす力展〜図工・美術の授業展2021〜」オンライン鑑賞会(無料)
           ・先生方によるギャラリートーク
           ・展示会場全体の様子 など

      閉会 お知らせ/11月のび会の予告 他

16時15分頃 終了予定

●参加費
オンライン鑑賞会のみ、会員、一般、の種別があります。チケットご購入の際、ご注意ください。

〈オンライン鑑賞会のみ〉
び会に参加せずオンライン鑑賞会のみ参加 無料

〈会員〉
9月納入(6回分一括払い)年齢等に合わせてお選びください。
※次回会員登録月は翌年3月です。3回分一括払いです(6回分半額)。

〈一般〉
会員にならずにび会に参加する方。年齢等に合わせてお選びください。

※peatixでチケット購入をした方に、後日、び会/オンライン鑑賞会のzoom会議の
 URLとパスワードをお送りします(実施1週間前を目処に送付)。

参加にあたり
「zoom」を使用しますので、ダウンロードをお願いいたします。また、セキュリティの関係上、事前にチケット購入(参加予約)をしていただくこと、ログインする際は必ず本名のご使用をお願いいたします。WEBカメラ付きPCもしくは携帯で参加できます。

ジブリの大博覧会 ~ジブリパーク、開園まであと1年。~

日時2021年7月17日(土)~2021年9月23日(木・祝) 
10:00〜18:00、金~20:00(入館は閉館30分前まで) 
※8月2日(月)、16日(月)、9月6日(月)、21日(火)休館
会場愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)
2015年に愛・地球博記念公園(愛知県長久手市)で大きな反響を呼んだ「ジブリの大博覧会」は、魅力的な展示を加えバージョンアップしながら、5年間で国内全11カ所を巡回し、昨年幕を閉じました。同公園に来年秋に開園する「ジブリパーク」のプレイベントとして、今夏「ジブリの大博覧会」を開催中です。愛知初登場の展示が数多く登場。東京会場(16年)で話題となった「天空の城ラピュタ」をはじめ歴代作品の飛行機械を取り上げた「スタジオジブリ空とぶ機械達展」や、富山会場(18年)のみ公開したガラス作品「ジブリの幻燈楼(げんとうろう)」、福岡会場(19年)から展示した「風の谷のナウシカ王蟲の世界」に注目です。その他、スタジオジブリ誕生から約35年の歩みを懐かしの映画ポスターやグッズ、未公開とされた原画など豊富な資料で振り返ります。

■観覧料(日時指定予約制)
 一般1,900円、高大生1,500円、小中学生1,000円、障がい者 各券種の半額
 [販売場所]
  ○オンライン予約購入 Boo-Woo チケット
    https://l-tike.com/bw-ticket/event/ghibliexpo-aichi/
  ○店頭購入 ローソン、ミニストップ (L コード:48222)

■主催
 愛知県美術館、中日新聞社

■特設サイト
 https://www.ghibliexpo-aichi.com/

多様性を育むダンス&美術プロジェクト【造形ワークショップ】ファブリック&ファイバー

日時2021年9月12日(日)、9月26日(日)、10月3日(日)
会場初回:11:00-13:00 / 2回目、3回目:11:00-12:30 (時間は目安です。参加者数により多少の前後あり)
ファシリテーション・ワークショップを開催します。
人の身体に最も身近なファブリック&ファイバー。さわる、嗅ぐといった感覚を通した感動を分かち合い、「心を育む」美術ワークショップです。課題のテーマに参加者が自由に発想し、自分自身でワークショップや、講習会、授業等を立案、実践できるように共に考えていきます。

【造形ワークショップ】ファブリック&ファイバー(FABRIC&FIBER)
視覚に障害のある方々と晴眼者を対象に、天然・化学繊維、紙・テクスチャ―素材を使い、さわる、聞くなどの感覚に包まれる作品を造形します。身体感覚をとおして感動を育み伝え合う「作品」に挑戦します。

講師 眞田岳彦(女子美術大学教授・造形家)
1962年東京都生まれ。ISSEY MIYAKEでデザインを学んだ後、1992年から95年までロンドンに滞在し、彫刻家Richard DEACONの助手を務めアートを学ぶ。自身の手で紡いだ獣羊毛などの天然繊維から先端技術による新繊維まで様々な繊維を素材として、作品を制作し、国内外で多数の展覧会、地域プロジェクトを行う。
現在、女子美術大学 教授。東北芸術工科大学 客員教授。武蔵野美術大学、愛知県立芸術大学、桑沢デザイン研究所等の非常勤講師。造形家。

参加費
触覚に関心のある晴眼者(全4回、材料費込)18,000円
             1回の単発参加 5,000円
視覚に障害のある人  (全4回、材料費込) 8,000円
             1回の単発参加 2,500円

定員
8名程度

お申し込み方法

E-mailかファックスで下記1~8についてご記入の上、お申込みください。
送信後3日以上返信の無い場合、メール(ファックス)が届いていない可能性が
ありますので、お電話ください。定員になり次第、締め切りとさせて頂きます。
(1) お名前(ふりがな付き)
(2) ご住所
(3) 電話番号
(4) E-mail Address(ある方のみ)
(5) 年齢
(6) 職業(具体的に)
(7) 障害の有無
  (障害のある方は、主催者が気を付けておくべきこと、伝えたいこと等をご記入ください)
(8) 参加されるワークショップ名(ディスカッション名)とその日程も必ずお書きください
  ますようお願い致します。
※ 詳細はホームページをご確認ください。

お申し込み
クリエイティブ・アート実行委員会
E-mail:MuseKK[ at ]aol.com  ※[ at ]を@に変換してください。
FAX.03-6426-5183
〒107-0052 東京都港区赤坂6-2-5方栄ビル201

お問合せ
TEL 03-6426-5182

主催
クリエイティブ・アート実行委員会

ホームページ
http://www.musekk.co.jp/

第73回全国造形教育研究大会北海道大会

日時2021年10月2日(土)
会場Zoomによるオンライン開催
全国で造形教育に携わっているみなさん。コロナ禍ではありますが、子どもたちの学びを中心にたくさんのみなさんと交流したいと考えております。オンデマンドとオンラインを組み合わせた新しい形の研究大会です。新しい時代の研究推進として、札幌から発信します。

■大会テーマ
 「“わたし”を創る ~今を生きる、共に生きる造形教育~」
   研究主題:この子が感じる=考える=表す造形活動           
    ~造形的な見方・考え方を豊かにする学びを通して~

■研究主題
 この子が 感じる=考える=表す 造形活動
 ~造形的な見方・考え方を豊かにする学びを通して~

■内容
 幼・小・中・高の実践発表、文部科学省調査官による講演 他
 (詳細はホームページをご確認ください)

■参加費

 お申し込みお一人につき2,000円(大会終了後作成する大会集録 1 冊と 送料を含む)。
 1台のパソコン等でZOOMに接続し、会場を一つにする複数名がご視聴いただいても、
 お一人分の申し込みで構いません。(この場合、送付する大会集録も1冊となります)

■お申し込み
 下記、オームページよりお申し込みください。【応募締切:9月5日まで】
 http://satsuzou.kir.jp/

■主催
 全国造形教育連盟、北海道造形教育連盟、札幌市造形教育連盟

■お問合せ
 大会事務局 札幌市立前田小学校 石垣あけみ
       TEL:011-683-3749
       EMAIL:011satsuzou.2020[at]gmail.com
                    ※[ at ]を@に変換してください。

■ホームページ
 北海道造形教育連盟 http://hokuzou.kir.jp/
 第73回全国造形教育研究大会北海道大会 http://satsuzou.kir.jp/

第70回 日本美術教育学会 学術研究大会 京都大会

日時2021年10月2日(土)・10月3日(日)
会場京都ノートルダム女子大学(京都市左京区下鴨南野々神町1番地)
※通常大会とオンライン方式(Zoom)の両方で開催予定
■大会テーマ
 「人とセカイをほぐす つむぐ」

■内容
 《1日目》記念講演、講演者と参加者との対談、ワークショップ、研究発表、総会
 《2日目》記念講演、研究発表、総括

■参加費
 一般 4,500円
 会員 4,000円
 学生 1,500円
 ※事前申込のみ。
 ※オンライン(Zoom)の場合も同額。

■お申し込み方法
 下記ホームページより 、お申し込みください。

■お問い合わせ先
 京都大会事務局
 office-kyoto[ at ]aesj.org
 ※[ at ]を@に変換してください。

■主催
 日本美術教育学会

■ホームページ
 http://www.aesj.org

第89回 小学校教育研究協議会

日時2021年10月19日(火)・20日(水)
会場未定(オンライン開催の可能性あり)
■大会テーマ
 「学びをつくる(2年次)」

■内容
 「進んで問題を見出し、よりよい解決に向けて粘り強くやり抜く子」の育成を目指した研究

■主催
 埼玉大学教育学部附属小学校

■ホームページ
 http://www.fusho.saitama-u.ac.jp/

第54回 福井県造形教育研究大会「あわら・坂井」大会

日時2021年10月22日(金)13:00~16:30(幼児教育10:00~)
会場あわら市金津中学校 金津創作の森美術館等
■大会テーマ
 「ふるさとを創る造形教育  ―感性を豊かにし、つくりだす喜びを味わう授業づくり―」

■内容
 公開授業(中学校美術)、分科会での指導助言、講演会等

■お問い合わせ
 事務局 あわら市細呂木小学校 教頭 森下  TEL.0776-73-5700

■主催
 福井県造形教育研究会

第65回東北造形教育研究大会(岩手大会)

日時2021年10月27日(水)・28日(木)
会場サンセール盛岡
私立つつみ幼稚園・岩手大学教育学部附属小学校・盛岡市立上田中学校
■大会主題
 『つなぐ思い、広がる感性』~喜びを感じる造形活動を通して~

■内容
 10月27日
  東北六県の理事会とレセプション
  会場:サンセール盛岡

 10月28日(午前)
  提案授業と研究会、実践発表
  会場:私立つつみ幼稚園
     岩手大学教育学部附属小学校
     盛岡市立上田中学校

 10月28日(午後)
  サンセール盛岡にて全体会
  記念講演:阿部宏行氏(札幌大学女子短期大学部 こども学科  教授)
       演題:『つくりだす喜び』を礎にして
          ~子供が好きになる評価・図工美術が好きになる指導~

■お問い合わせ
  事務局 盛岡市立北陵中学校 教諭 上野行知
  TEL.019-684-3323 FAX.019-684-3626

第60回 関東甲信越静地区造形教育研究大会

日時2021年11月18日(木)14:00~ 順次配信予定
会場オンデマンドによる開催
■大会テーマ
 「ときめき  かかわり  未来へつなぐ造形 ~自分の思いをもとに  豊かに表現する個~」

■内容
 公開保育・公開授業・研究協議
 記念講演「図工・美術における深い学び」岡田京子氏(東京家政大学 教授)

■参加費
 1,000円

■お申し込み方法
 7月頃に静岡県教育研究会ホームページ(http://www.skyken.org)で最終案内と詳細をお知らせ予定

■主催
 関東甲信越静地区造形教育連合
 静岡県教育研究会(静岡県美術教育研究部会)
 静岡県高等学校美術・工芸教育研究会

■ホームページ
 関東甲信越静地区造形教育連合
 http://kamburo-zokei.com/

第58回全国高等学校美術、工芸教育研究大会 2021WEB 茨城大会

日時2021年8月20日(金)~11月30日(火)
■大会テーマ
 「『VIVA! Art!』~価値でつながる美術、工芸教育~」

■内容
 WEB分科会の開催
 第1分科会「Value 自分の価値とは」
 第2分科会「Item どのように学ぶか」
 第3分科会「Variation どのように支援するか」
 第4分科会「Action 実践には何が必要か」

■参加者
 各都道府県高等学校、特別支援学校関係職員及び関係者

■参加費
 3,000 円 /人(予定)

■大会公式サイト
 http://www.iba-art-craft.koukyouken.ibk.ed.jp/?page_id=69

■大会事務局
 2021 茨城大会実行委員会事務局長
 茨城県立土浦第一高等学校 教諭 関谷隆志
 TEL.029-822-0137 
 E-mail. jimukyoku[ at ]iba-art-craft.koukyouken.ibk.ed.jp
 ※[ at ]を@に変換してください。

オンライン連続セミナー「ルーブリックで変わる美術鑑賞学習」

日時5月~12月までの第三金曜日。
20:00~20:50(講義35分、質疑・協議15分)
会場Zoomを使ったオンラインでの開催
 2020年12月に上梓した「ルーブリックで変わる美術鑑賞学習」を教科書としたオンライン連続セミナーを開催いたします。単に講義を配信するのではなく、ご参加いただく方との意見交換も大切にしたいと考えています。
 研究チームのメンバーは、毎回参加します。ともに、楽しく異議深い鑑賞学習について考えていきませんか。
 ご参加、心よりお待ち申し上げます。

■日程
 ●第1回 1章 「鑑賞学習ルーブリック」で変わる図工・美術
  開 催 日:令和3年5月21日(金) 20:00~20:50 (講義35分、質疑・協議15分)
  講義担当:松岡宏明 *終了

 ●第2回 2章 「鑑賞学習ルーブリック」とは
  開 催 日:令和3年6月18日(金) 20:00~20:50 (講義35分、質疑・協議15分)
  講義担当:松岡宏明
 *終了

 ●第3回 3章 学習指導要領とのかかわり
  開 催 日:令和3年7月16日(金) 20:00~20:50 (講義35分、質疑・協議15分)
  講義担当:大橋 功

 ●第4回 4章 「鑑賞学習ルーブリック」を活用した授業づくり
  開 催 日:令和3年8月20日(金) 20:00~20:50 (講義35分、質疑・協議15分)
  講義担当:藤田雅也

 ●第5回 5章 「鑑賞学習ルーブリック」を活用した学習指導モデル
  開 催 日:令和3年9月17日(金) 20:00~20:50 (講義35分、質疑・協議15分)
  講義担当:松岡宏明・新関伸也

 ●第6回 6章 鑑賞学習指導における発問
  開 催 日:令和3年10月15日(金) 20:00~20:50 (講義35分、質疑・協議15分)
  講義担当:新関伸也

 ●第7回 7章 「鑑賞学習ルーブリック」の活用:事例授業実践「何が描かれているのかな?」より
  開 催 日:令和3年11月19日(金) 20:00~20:50 (講義35分、質疑・協議15分)
  講義担当:村田 透

 ●第8回 8章 鑑賞学習の学びの広がりと深まり:国語科・芸術科書道の実践から
  開 催 日:令和3年12月17日(金) 20:00~20:50 (講義35分、質疑・協議15分)
  講義担当:萱のり子


■開催形態
 Zoomを使ったオンラインでの開催。

■参加方法
 参加費無料/令和3年12月16日まで随時受付

 日本美術教育学会会員以外の方でもご参加いただけます。メールでお申し込みいただき、「ミーティング招待」を受け取られたいアドレスをお知らせください。一度お申し込みいただきましたら、その後の全回についての「ミーティン部参加URL」をお知らせ致します。なお、本学会会員で、本書の頒布を希望され、すでにお送りしている方は改めてのお申し込みは必要ありません。

 本書をテキストとしますので、毎回、ご用意ください。(事前にお読みになることをおすすめします。本書の内容をしらないままに参加されますと、理解しにくいかと思われます)


■参加申し込み・お問い合わせ
 info[ at ]kansyokyoiku.com
 ※[ at ]を@に変換してください。

■主催
 日本美術教育学会研究チーム
  松岡宏明(代表・大阪総合保育大学)
  大橋 功(岡山大学)
  新関伸也(滋賀大学)
  萱のり子(東京学芸大学)
  藤田雅也(静岡県立大学短期大学部)

■ホームページ

2021ちばぞうオンライン実技研修会2

日時2021年12月26日(日) 14時~16時
会場Zoomミーティングによるオンライン開催
ちばぞう(ちば造形教育広場)を、オンラインで開催します。
2021年12月26日 14時~16時
日曜日開催、無料なので、気軽にご参加ください。
職場からでも、ご自宅からでも、子連れでも参加できます。
スタッフも、子連れで参加する可能性がありますことをお許しください。

・実技研修1(未定)決まり次第記載します
・実技研修2(未定)決まり次第記載します
・造形教育について語ろう広場

■参加費 無料

■定員  90人(先着順)

■主催  ちば造形教育広場

■お申し込み
 こくちーず(告知's)HPよりお申し込みください。
 https://kokucheese.com/event/index/615755/

2021年度 第72回 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会 神戸大会

日時2022年1月13日(木)午後・14日(金)午後
■大会テーマ
 つながる ひろがる つくりだす

■開催形式

 参加がしやすい「オンライン参加型」・「午後開催」

■概要
 ○ 公開保育・公開授業の動画配信
 ○ 保育・授業研究の発表と協議
 ○ 研究報告集の配布

■参加費

 2,000円(申し込み方法等は、後日案内)

■主催

 第72回 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会(神戸大会)実行委員会
 日本教育美術連盟

■ホームページ

 日本教育美術連盟 https://faej1949.wixsite.com/faej1949