教育美術・佐武賞

教育美術・佐武賞について

教育美術振興会の初代理事長として、長い年月に渡って美術教育の振興に献身した佐武林蔵氏(昭和43年没)の寄付によって昭和41年(1966年)、教育美術・佐武賞は創設されました。以来当会は毎年、美術教育に関する実践報告や研究論文を広く全国に求め、そのなかの優秀作に賞を贈ることにいたしました。
以前、美術教育界には教師に対する実践や研究についての表彰はなく、幾多の優秀な人材や素晴らしい実践研究は埋もれてしまうような状況にありました。その意味において、この教育美術・佐武賞の存在は画期的です。本賞が契機となり、学校現場における実践活動が活性化し、研究の輪がより一層広がることを願っています。

第52回(2017年度)教育美術・佐武賞について(2017年7月25日発表)

第53回(2018年度)教育美術・佐武賞について

-応募に関する問い合わせは随時受け付けております。お気軽に当会までメール・電話等でお問い合わせください-