145

月刊『教育美術』


最新号 2016年5月号

特集   マンガと美術教育Ⅱ

京都精華大学 竹宮惠子学長に聴く
竹宮 惠子 (京都精華大学 学長)
インタビュアー: ふじえ みつる(愛知教育大学 名誉教授)
※特集「マンガと美術教育」関連資料
悪書追放運動から考える漫画と教育
市川 寛也(筑波大学芸術系 教授)
漫画を学ぶことで得られること
橋村 政海(高知県須崎市立上分中学校 教諭)
高等学校の取り組み
群馬県立高崎東高等学校
国本学園・国本女子中学校高等学校
マンガ関連 美術館・博物館
京都国際マンガミュージアム
赤塚不二夫会館、他

連載
第75回全国教育美術展特撰作品より 作品紹介
マイアートライフ 竹宮 惠子
[保育実践]
ダイナミックな表現あそび
石川県金沢市 ヴィテンSMC 保育園 教諭 小坂 百香
[実践報告を読んで]
東京都西東京市 谷戸幼稚園 園長 伊藤 裕子
<新連載>シリーズ 乳幼児はすごい!①
造形教育は人間教育
東京成徳大学 子ども学部教授 小野 和
[授業実践] 小学校<第3学年>
豊かに伝え合う図工の授業をめざして
?絵のなぞなそ? 江戸の遊び心を生かして
北海道 札幌市立三角山小学校 教諭 湯浅 大吾
[実践報告を読んで]
東京学芸大学 非常勤講師 横内 克之
[授業実践] 中学校<第1学年>
見て見て ぼく、私の海の生き物
宮城県 登米市立佐沼中学校 教諭 矢﨑 ひさ
[実践報告を読んで]
武蔵野美術大学 教授 三澤 一実
日本の美術 伝統と文化③
岡本 太郎(おかもと たろう)
「新しい伝統」の創造のための美術教育
群馬大学 准教授 春原 史寛
文献紹介(林 耕史)
全日本学生美術展





全国教育美術展

大正11年にスタートした、日本で最も伝統のある子供の絵の公募展です。
毎年、日本全国の幼稚園・保育所、小中学校や海外の日本人学校などから約2,500校、約12万点もの応募があります。

教育美術・佐武賞

佐武林蔵・教育美術振興会初代理事長の寄付を受けて1966年(昭和41年)に創設された教育賞です。美術教育に関する優れた実践報告や研究論文を表彰します。

Information

2016/05/27 
2016/5 この度の熊本県を中心に発生している一連の地震により、お亡くなりになられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、被災されました皆様に心からお見舞い申し上げます。また、1日も早い被災地の復興のために、当会では美術教育できることを模索し応援します。
2016/05/10 
図工・美術教材フェアが5月28日(土)~29日(日)東京都産業貿易センター台東館(台東区花川戸2-6-5)で開催されます。
豊富な図工・美術教材が一度に観られます。普段はカタログ上でしか見ることのできない教材を豊富に揃えた、作って学べる楽しい展示会です。
入場無料ですので皆様お誘い合わせの上、ぜひご来場ください。
詳細/新日本造形<http://www.snz-k.com
2016/02/26 
『ぼくの絵わたしの絵 ~第75回全国教育美術展~』開催日程を掲載しました。

詳細は各地のNHK主催局へお問合せください
(日程は変更することがあります)

次号予告(仮)

【特集】鑑賞- 見ること(仮)
私たちは、日々「見る」ことから多くの情報を得ています。「見る」ことから音や匂いまで感じたりもします。一体、「見る」という行為はどんなことを意味するのでしょうか。
また、鑑賞するということの教育的な効用など、多方面から「見る」事について考えてみたいと思います。


合本ファイル

月刊『教育美術』専用合本ファイルが出来ました!
『教育美術』を長く保存なさる方々の為に、A4サイズ対応の1年分12冊を綴じ込める美しいファイルをご用意しております。お申込みお待ちしております。