研究会・イベント情報

研究会・イベント情報のお知らせ

研究会やイベントの情報を随時掲載していきます。
掲載をご希望の方は、右記掲載依頼フォームボタンからご連絡ください。

研究会の情報を募集しております。掲載ご希望の方はこちらよりご連絡ください。


第64回 幼児造形Koyasan集会 オンライン研修会

日時2022年8月26日(金)12:50~16:30
会場ZOOM を利用したオンライン研修会
この数年間、私たちは想定外の出来事に戸惑いながらも、柔軟な思考で物事に対処していくことを学んできました。子どもの目の輝きを絶やさないように、これまで以上に様々な工夫を凝らし、人との協力を強化してきたのではないでしょうか。各保育現場で試行錯誤したことは、新しい時代の子どもの育ちを支える知恵として、交流し生かして行きたいものです。そういう意味で、保育現場の先生が集まり、研修をしていくことは大きな意味があると思います。今年度の「幼児造形 Koyasan 集会」は、公開保育と実技研修を通して子どもの造形、保育を考えたいと思います。この時期だからこその悩み、また新たなアイデアなど、共有する時間も少し設けています。皆で交流しながら明日への保育の糧にしていきましょう。

■プログラム
 下記PDFをダウンロードし、ご確認願います。

■参加費
 オンライン研修 1,000円

 ※キャンセルについて
  体調不良等の致し方ない理由でキャンセルされる場合は、問合せ先までご連絡ください。
  8月23日(火)までのキャンセルの場合は返金することが可能ですが、
  PEATIXへの支払い手数料340円は返金されません。
  またコンビニなどで支払われた振込手数料も返金されませんのでご注意ください。

■オンライン定員

 先着120名(幼児グループ(先着60名)、低年齢グループ(先着60名))
 定員になり次第、締め切らせていただきます

■参加申し込み
 以下の Peatix のサイトから申し込んでください。
 オンライン研修:低年齢児グループ https://peatix.com/event/3306375/view
         幼児グループ   https://peatix.com/event/3306326/view

■参加するにあたって
 ○オンライン研修のチケットを申し込んだ方には、ZOOMのURLを8月18日頃から送信する予定です。
  大会当日は、その ZOOM のURL をクリックして参加していただくか、専用の ID,パスコードを入力して
  ご参加ください。
 ○オンライン研修参加者は事前に ZOOM アプリのインストール等ご準備をお願いいたします
 ○オンラインの実技研修で使用する材料の案内を8月18日頃に送信する予定です。
  研修会までに各自、ご準備していただきますようお願い致します。

■お問い合わせ先
 幼児造形Koyasan集会第64回大会事務局
 メールアドレス koyasan.youzi[ at ]gmail.com
 ※[ at ]を@に変換してください。

■ホームページ
 日本教育美術連盟 https://faej1949.wixsite.com/faej1949

第71回 日本美術教育学会学術研究大会 瀬戸内大会

日時2022年8月18日(木)~ 8月20日(土)
会場香川大学幸町キャンパス
※新型コロナウィルス感染状況によって通常大会が開催できない場合はオンライン(ZOOM)に切り替わります。
 〒760-0016 香川県高松市幸町1-1
 JR高松駅から車で5分。「ことでんバス」で香川大学教育学部前下車徒歩1分。
 高松空港から車で約30分。
 高松空港リムジンバスで「中新町」または「県庁通り」下車徒歩10~15分。
■大会テーマ
 「“あいだ”としてのアート ―生活・遊び・学び―」

■日程・内容

  8月18日 午前: 芸術士ワークショップ
      午後: 総会、記念講演、研究発表
      夕方: 懇親会(現在検討中)
  8月19日 研究発表、シンポジウム(基調提案・共同討議)
  8月20日 エクスカーション(男木島など瀬戸内国際芸術祭会場を巡るクルージング)

 ○記念講演 8月18日(木)
   篠原資明氏(前高松市美術館  館長)

 ○共同討議 8月19日(金)
   パネリスト 多田俊二郎氏(一般財団法人さぬき生活文化振興財団  代表理事)
         田野 智子氏(特定非営利活動法人ハートアートリンク  代表理事)
         三井 文博氏(特定非営利活動法人アーキペラゴ  代表理事)

■参加費
 一般 4,500円、 会員 4,000円、 学生 1,500円
 ※事前申し込みのみで、当日申し込みはありません。
 ※1日のみ参加の割引はありません。
 ※オンライン(Zoom)参加の場合も同額です。
 ※美術科教育学会及び大学美術教育学会の会員の方は本会員扱いです。

■お申し込み

 ホームページよりお申し込みください。
 http://www.aesj.org/
 ※参加事前申し込み締切:8月8日(月)

■主催
 日本美術教育学会

■ホームページ
 http://www.aesj.org/

第48回 幼児造形教育研究会 夏の研修大会 対面・オンライン併用研修会

日時2022年8月20日(土)12:55~17:00
■大会テーマ
 「未来に生きる子らを感性豊かに育てよう
 ~子どもを感じる保育者が、子どもを主体的に育てる~」

■方法
 対面及びZoomを使用したオンライン研修会

■定員
 対面100名限定、オンライン250名

■参加費
 対面参加    5,500円(学生3,000円)
 オンライン参加 3,500円(学生1,000円)

■お申し込み
 Peatix内イベントページより受付予定

■主催
 幼児造形教育研究会

■ホームページ
 http://yozoken.g3.xrea.com/

第74回 全国造形教育研究大会長野大会 / 第76回 長野県美術教育研究大会北信ブロック大会

日時2022年8月26日(金)・27日(土)
会場長野市城山エリア(長野市立城山小学校、長野清泉女学院中学校、長野県立美術館)を予定
■内容
 大会スローガン(仮)
 「IMA! ∞ふれて はじまる 感動物語」

 研究テーマ(仮)
 「私っていいね!~つくり出し ひびき合う 今を生きる私~」

 公開授業(予定)、分科会、講演会 他


■参加費
 一般 4,000円(学生割1,000円)
 オンライン 2,000円

■開催方式

 公開授業・授業研究会     【リアル方式】
 分科会            【ハイブリッド方式】
 講演会・文科省講評等閉会行事 【ハイブリッド方式】

■お申し込み
 オンライン参加申込システムより

■主催
 全国造形教育連盟、長野県美術教育研究会

■ホームページ
 http://zenzouren.net/

【すみだ北斎美術館】北斎 百鬼見参

日時2022年6月21日(火)~8月28日(日)
9:30~17:30(入館は17:00まで)

前期:6月21日~7月24日
後期:7月26日~8月28日

休館日:毎週月曜日
会場すみだ北斎美術館(東京都墨田区亀沢2-7-2)
人気の錦絵「百物語」や版本などから鬼に関連する作品を紹介し、鬼才・北斎がどのように鬼を捉え、表現してきたかに迫ります。

■観覧料
 一般:1,200円
 高校生・大学生・65歳以上:900円
 中学生:400円
 障がい者:400円
 小学生以下無料
 ※団体でのご来館は当面の間、受付を行いません。

■主催
 墨田区・すみだ北斎美術館

■ホームページ

 https://hokusai-museum.jp/
 ※最新の情報は当館ホームページをご確認のうえご来館ください。

【滋賀県立陶芸の森】つちっこプログラム20周年記念 土に託されたきらめき 子どもたち×アーティスト セラミックス最先端展

日時2022年6月25日(土)~9月4日(日)
9:30~17:30(入館は閉館の30分前まで) ※ 月曜日休館
会場滋賀県立陶芸の森陶芸館(滋賀県甲賀市信楽町勅旨2188-7)
 土は、様々な姿に形を変えることができる魅力的な素材です。滋賀県立陶芸の森では、世界にひとつの宝物づくり実行委員会と連携し、地域の陶芸家、学校などと協働して、子どもたちに「土」という素材を用いてモノをつくることの喜びや感動、本物の芸術を体感できる教育プログラム「つちっこプログラム」を提供し、次世代の心豊かな人材育成に努めてきました。
 令和4年度は、この本物の芸術と出会う教育プログラム「つちっこプログラム」を展開して、20年を振り返り、土に映し出された子どもたちの感性溢れる作品や、このプロジェクトに関わった陶芸家の皆さんの作品を展示します。 

■観覧料
 一般500円(400円)、高大生380円(300円)、中学生以下無料
 ※( )内は20人以上の団体料金

■関連プログラム
 陶芸の森 対話の森 ~土・信楽・アートと暮らしをめぐる対話~
 保坂健二朗(滋賀県立美術館ディレクター)×松井利夫(滋賀県立陶芸の森館長)
 ※参加費無料、要申込

 日時:2022年8月27日(土)14:00~15:30
 会場:陶芸の森 信楽産業展示館信楽ホール
 ※その他、学芸員と出品陶芸家によるギャラリートーク等有り。

■主催
 滋賀県立陶芸の森、世界にひとつの宝物づくり実行委員会、京都新聞

■ホームページ
 https://www.sccp.jp/

2022年度 さんもっくの会「身近な表現を大切にした保育を目指して」保育実践講座 第2回

自園で学び、その場で自園の保育が変わる新しいスタイルの講習会!

「さんもっくの会」は、 造形表現を手がかりに、園生活が豊かに深まることを願い、学びを重ねてきました。
今年度は幼造研スタッフが発表園に訪問し、インタビュー形式で現場の先生方と参加者方々をつなげる、新たな学びのスタイルで、下記のように進めてまいります。どうぞ皆さま、お気軽にご参加下さい。

・開催日時:2022年9月16日(金)18:30-19:30
・開催方法:zoomによるオンライン講座
・講座内容:「生きものとの関わりを見直そう」
      ~行事の多い2学期こそ、揺るぎない日常の充実を考える~
      ※皆さんの園の生き物との関わり、教えてください。
・出張先:かぐのみ幼稚園から生配信予定 / 聞き手:石賀直之(東京造形大)
・参加費:1,500円

・お問い合わせ先:幼児造形教育研究会事務局(サクラクレパス)
         TEL.03-3862-3937・FAX.03-3862-3905

「はみ出す力」展2022 武蔵野線沿線図工美術教育実践学習会 オンライン鑑賞会

日時9月17日(土)12:00~
会場zoomにて開催
9月のび会では、前半にび会定例会(総会含む)を行い、後半は、9月11日(日)よりうらわ美術館で開催される「はみだす力展〜図工・美術の授業展2022〜」のオンライン鑑賞会を行います。

「はみだす力展〜図工・美術の授業展2021〜」は、幼保小中高大の教育現場で行われている「授業」に焦点を当てた展覧会です。子どもの持つ、常識や現状の枠組みから「はみ出す力」、あるいは未来へと「はみ出す力」―そして、それらと向き合ってきた図工・美術の授業とその学びについて、皆さんで一緒に考える場になることを願い、今年も開催する運びとなりました。今年で3回目となります。

オンライン鑑賞会では、本展に出展している先生方の中から数名の方にご参加いただき、日頃の授業や作品についてのお話を伺っていきます。その他にも、展示室全体の様子などもご覧いただく予定です。遠方で展覧会をご覧になれない方や、今の学校現場での図工・美術の授業や学びにご興味のある方など、どなたでもご参加いただけます。参加を希望される方は、開催1ヶ月前に公開されるチケットの予約フォームにお進みいただき、必ず事前予約をお願いいたします。

■時程
 12:00  び会 受付開始
     ※この時間に、び会に初めて参加する方、zoomを初めて使用する方にご説明を行います。
 12:30  【前半】び会定例会(総会含む)
 12:45  休憩
 14:00  【後半】「はみだす力展〜図工・美術の授業展2022〜」オンライン鑑賞会(無料)
          ・先生方によるギャラリートーク、展示会場全体の様子 など
         閉会 お知らせ/11月のび会の予告 他
 16:15  終了予定

■参加費

 オンライン鑑賞会のみ、会員、一般、の種別があります。チケットご購入の際、ご注意ください。
 〈オンライン鑑賞会のみ〉び会に参加せずオンライン鑑賞会のみ参加 無料
 〈会員〉9月納入(6回分一括払い)年齢等に合わせてお選びください。
     ※次回会員登録月は翌年3月です。3回分一括払いです(6回分半額)。
 〈一般〉会員にならずにび会に参加する方。年齢等に合わせてお選びください。
 ※詳しくは、下記ホームページをご確認ください。

■参加にあたり

 「zoom」を使用しますので、ダウンロードをお願いいたします。
 また、セキュリティの関係上、事前にチケット購入(参加予約)をしていただくこと、
 ログインする際は必ず本名のご使用をお願いいたします。
 WEBカメラ付きPCもしくは携帯で参加できます。

■ホームページ
 https://peatix.com/event/3245890/view?k=ea5eea0a803a0f30c556fa2df2c3e6a6658ca74d

はみ出す力展

【はみ出す力展】
本展覧会では、造形活動を通して「常識にとらわれず。既存の枠組みからはみ出し、未来に向かって飛び出すエネルギー」を、子どもたちがたくましく未来を拓くイノベーションにつながる力であるととらえ、「はみ出す力展」として第4回目の展示に臨みます。

■日程
 2022年9月11日(日)~2022年9月18日(日) 10:00~17:00 
 ※9月12日(月)閉館  ※入場は閉館の30分前まで

■会場
 うらわ美術館 展示室A
 〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町2丁目5番1号 浦和センチュリーシティ3階
 TEL 048-827-3215   FAX 048-834-4327


【はみ出す力展ワークショップ】
■内容
企業に提供してもらった画材や製品を試していただきながら、その製品を使って図工・美術でどんな授業ができるかを検討していただきます。

■会場

 レンタルスペースONVOサロン浦和 https://onvo.jp/
 (「はみ出す力展」が開催されるうらわ美術館の斜向かいです。)

■日程と協賛企業

 ○9月11日(日)①10:00~10:50  ②11:00~11:50
  東亞合成株式会社
  ・アロンアルファー製品の紹介
  ・アロンアルファーを試しながら簡単な作品作り

 ○9月11日(日)①13:00~13:50  ②14:00~14:50
  マルマン株式会社
  ・様々な紙・スケッチブックのご紹介
  ・紙やスケッチブックを使ったアイデア共有
  ・がようしワークショップ

 マルマンの特抄(とくしょう)の紙やスケッチブックの“うんちく“や、その紙ならではの特徴をご説明します。まずは画用紙やスケッチブックを使っての授業や創作で使えるアイデアを共有いたします。ぜひそれをヒントに授業アイデアを拡げてみてください。ワークショップの時間には、実際に自分の手を動かして紙を体感していただけます。

■お申し込み
 下記ホームページよりお申し込みください。(8月以降より申し込み受付開始)

■ホームページ
 https://peatix.com/event/3258508/view?k=251bf6eeeb1118005b9983bc10b11c09a46c4d17

令和4(2022)年度 日本教育大学協会全国美術部門協議会 第61回 大学美術教育学会 宮崎大会

日時2022年9月17日(土)~2022年9月18日(日)
会場オンライン開催(宮崎大学教育学部)
■大会テーマ
 「次世代型美術教育モデルの構築に向けて」

■内容
 第一線で活躍する研究者を招いてシンポジウム「STEAM教育とアート」を開催する他、
 研究発表(オンデマンド配信)等

■お申し込み
 下記ホームページより、お申し込みください。
 https://www.miyazaki2022.com/

■お問い合わせ先
 宮崎大学  幸 秀樹  jimukyoku[ at ]miyazaki2022.com
 ※[ at ]を@に変換してください

■ホームページ
 https://www.miyazaki2022.com/

第71回 北海道造形教育研究大会 帯広・十勝大会

日時2022年10月15日(土)
会場オンライン開催
■内容
 大会主題
 「“わたし”を創る~今を生きる、共に生きる造形教育」

 帯広・十勝大会テーマ
 「つくるとき・つながるとき~豊かな心をはぐくむ造形教育」

 研究発表と提言、研究協議 他


■お問い合わせ
 帯広市立帯広第八中学校 校長 黒田正則
 TEL. 0155-35-6593
 E-mail. obi8jhs[ at ]f1.octv.ne.jp
 ※[ at ]を@に変換してください。

■主催
 北海道造形教育連盟、
 帯広市教育研究会 図工・美術部会
 十勝管内サークル協議会 十勝造形サークル

■ホームページ
 http://hokuzou.kir.jp/

【アーティゾン美術館】生誕140年 ふたつの旅 青木繁×坂本繁二郎

日時2022年7月30日(土)~2022年10月16日(日)
10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで) ※9月23日を除く金曜日は20:00まで

[休館日]月曜日(9月19日、10月10日は開館)、9月20日、10月11日
会場アーティゾン美術館 6・5階展示室(東京都中央区京橋1-7-2)
 青木繁(1882-1911)と坂本繁二郎(1882-1969)は、ともに現在の福岡県久留米市に生まれ、同じ高等小学校で学び、同じ洋画塾で画家を志しました。日本の洋画が成熟へと向かう時代の流れのなかで、それぞれに独自の作風を探求しました。生誕140年という記念すべき年に開催する本展は、約250点の作品で構成されます。二人の特徴や関係をよく表す作品を中心にすえ、それぞれの生涯をときに交差させながら「ふたつの旅」をひもといていきます。

■観覧料

 日時指定予約制
 ウェブ予約チケット1,600円、
 当日チケット(窓口販売)1,800円
 学生無料(要ウェブ予約)
 ※ ウェブ予約チケットが完売していない場合のみ、美術館窓口でも当日チケットを販売します。
 ※ 中学生以下の方はウェブ予約不要です。
 ※ この料金で同時開催の展覧会を全てご覧頂けます。

■同時開催
 石橋財団コレクション選 特集コーナー展示 田園、家族、都市
 会期:2022年7月20日~10月16日 4階 展示室(上記に加え7月29日は休館)
 内容:当館コレクションの中から18~19世紀にイタリアをはじめヨーロッパ各地で隆盛した
    都市景観画を選りすぐり、肖像画とともに田園と都市を家族との関わりに焦点を当て、
    その変遷をひもときます。

■主催
 石橋財団アーティゾン美術館

■ホームページ
 https://www.artizon.museum/

第90回 小学校教育研究協議会

日時2022年10月18日(火)・19日(水) ※図工は18日
会場埼玉大学教育学部附属小学校(予定)
■テーマ
 「学びをつくる~子供たちと自覚と自己決定をくりかえすために(仮)」

■内容

 図工は、「自分の思いを豊かにし、表現しきる児童を育てる」というテーマで3人で授業を行う

■ホームページ
 http://www.fusho.saitama-u.ac.jp/

令和4年度 第66回 東北造形教育研究大会宮城大会 / 令和4年度 第68回 宮城県造形教育研究大会仙台市大会

日時2022年10月27日(木)~2022年10月28日(金) 
会場日立システムズホール仙台(会場とオンラインによるハイブリッド開催)
■大会テーマ
 「夢・色・形 未来をつくりだす力をはぐくむ ~つくり つくりかえ つくる~」

■内容
 1日目:東北造形教育連盟会理事会
 2日目:研究発表(幼・小・中・高)
     講演(小林恭代氏、平田朝一氏)

■お申し込み・お問い合わせ先

宮城県造形教育連盟(事務局:仙台市立秋保中学校)
※ 仙台市立秋保中学校
  〒982-0243 仙台市太白区秋保町長袋字大原45-5
  TEL:022-399-2840

■主催
 東北造形教育連盟

■ホームページ
 https://www2.sendai-c.ed.jp/~renraku1/

第73回 造形表現・図画工作・美術教育研究全国大会和歌山大会 / 第76回 和歌山県図工・美術教育研究大会

日時2022年10月28日(金)
■大会テーマ
 「つながる ひろがる ひびきあう~感性を大切にする造形教育~」

■内容
 《午前》全体会(各保育・授業会場にて)
 《午後》授業・分科会(和歌山市内)

■お問い合わせ

 大会実行事務局 和歌山市立和歌山高等学校 飯村浩晃
 TEL. 073-461-3690

■主催
 和歌山県美育連盟
 日本教育美術連盟

令和4(2022)年度 奈良県小・中学校図画工作・美術教育研究大会

日時2022年11月18日(金)午後
■大会テーマ
 「主体的に学び、つくる喜びを味わう造形教育」

■内容
 小学校:子どもがお互いに認め合い、主体的に学ぶ姿を育む― 試行錯誤・思考錯誤
 中学校:主体的な活動を通じて自己をみつめ表現する力を伸ばす

■お申し込み・お問い合わせ先
 奈良市立富田雄南中学校 森 有平(事務局長) TEL. 0742-48-1671

■主催
 奈良県図画工作・美術教育研究会、天理市教育委員会、天理市教科等研修会

2022年度 さんもっくの会「身近な表現を大切にした保育を目指して」保育実践講座 第3回

自園で学び、その場で自園の保育が変わる新しいスタイルの講習会!

「さんもっくの会」は、 造形表現を手がかりに、園生活が豊かに深まることを願い、学びを重ねてきました。
今年度は幼造研スタッフが発表園に訪問し、インタビュー形式で現場の先生方と参加者方々をつなげる、新たな学びのスタイルで、下記のように進めてまいります。どうぞ皆さま、お気軽にご参加下さい。

・開催日時:2022年11月18日(金)18:30-19:30
・開催方法:zoomによるオンライン講座
・講座内容:「保育の充実期を後期につなげる」
      ~友だちとの生活の中で深まる表現とは?~
      ※皆さんの園の様子をお聞かせください
・出張先:慈紘保育園から生配信予定 / 聞き手:椎橋 げんき(白百合女子大)
・参加費:1,500円

・お問い合わせ先:幼児造形教育研究会事務局(サクラクレパス)
         TEL.03-3862-3937・FAX.03-3862-3905

2022年度 さんもっくの会「身近な表現を大切にした保育を目指して」保育実践講座 第4回

自園で学び、その場で自園の保育が変わる新しいスタイルの講習会!

「さんもっくの会」は、 造形表現を手がかりに、園生活が豊かに深まることを願い、学びを重ねてきました。
今年度は幼造研スタッフが発表園に訪問し、インタビュー形式で現場の先生方と参加者方々をつなげる、新たな学びのスタイルで、下記のように進めてまいります。どうぞ皆さま、お気軽にご参加下さい。

・開催日時:2023年1月20日(金)18:30-19:30
・開催方法:zoomによるオンライン講座
・講座内容:「対話的な保育を考える」
      ~子ども同士が伝え合う保育、保護者へ伝える工夫とは?~
      ※それぞれの園の取り組み、情報交換しましょう 。
・出張先:出張先:清心幼稚園から生配信予定 / 聞き手:藤田寿伸(東京成徳大)
・参加費:1,500円

・お問い合わせ先:幼児造形教育研究会事務局(サクラクレパス)
         TEL.03-3862-3937・FAX.03-3862-3905

キッズクリエイティブ研究所 in 竹芝2022年度 幼児クラス

日時2022年4月16日(土)、5月21日(土)、6月18日(土)、7月16日(土)、
    8月13日(土)※第2土曜日開催です、9月17日(土)、10月15日(土)、
    11月19日(土)、12月17日(土)
2023年1月21日(土)、2月18日(土)、3月18日(土)
※幼児クラスと小学生クラスでは実施日・時間が異なりますのでご注意ください。
※現段階では通常通り対面での実施を予定しておりますが、今後の新型コロナウイルスの感染拡大の状況によりオンライン開催に変更となる可能性がございます。その場合も、ワークショップ1回分として実施させて頂きます。ご了承の上、お申込みをお願いいたします。
※オンライン開催となった場合は実施時間、実施内容に変更が生じる事がございます。
 その際は別途参加者の皆様へご案内いたします。
会場CANVAS 竹芝オフィス
(東京都港区海岸1-7-1東京ポートシティ竹芝オフィスタワー8階 CiP内)
大好評をいただいております、キッズクリエイティブ研究所年間シリーズです!
思いっきり体を動かしてみたり、不思議な磁石の研究をしてみたり、コスチュームをデザインしてみたり。
みんなの発見とひらめきが研究所にどんなふうにひろがるかな?
※1年間通してご参加いただくコースです。小学生クラスもございます。

【時 間】幼児クラス 11:00-12:30(90分)

【対 象】未就学児(4歳以上)
     *初回実施日時点(2022年4月16日時点)で4歳以上のお子様を対象としています。
     *12回すべてにご参加いただける方を対象としています。

【定 員】各クラス20名

【参加費】48,000円(12回分/税込)

【申 込】先着順

【ホームページ】 https://www.canvas.ws/kenkyujo/laboratory/takeshiba2022_y.php

キッズクリエイティブ研究所 in 竹芝2022年度 小学生クラス

日時2022年4月17日(日)、5月22日(日)、6月19日(日)、7月17日(日)、
    8月14日(日)*第二日曜日、9月18日(日)、10月16日(日)、
    11月20日(日)、12月18日(日)
2023年1月22日(日)、2月19日(日)、3月19日(日)
※幼児クラスと小学生クラスでは実施日・時間が異なりますのでご注意ください。
※現段階では通常通り対面での実施を予定しておりますが、今後の新型コロナウイルスの感染拡大の状況によりオンライン開催に変更となる可能性がございます。その場合も、ワークショップ1回分として実施させて頂きます。ご了承の上、お申込みをお願いいたします。
※オンライン開催となった場合は実施時間、実施内容に変更が生じる事がございます。
 その際は別途参加者の皆様へご案内いたします。
会場CANVAS 竹芝オフィス
(東京都港区海岸1-7-1東京ポートシティ竹芝オフィスタワー8階 CiP内)
大好評をいただいております、キッズクリエイティブ研究所年間シリーズです!
思いっきり体を動かしてみたり、不思議な磁石の研究をしてみたり、コスチュームをデザインしてみたり。
みんなの発見とひらめきが研究所にどんなふうにひろがるかな?
※1年間通してご参加いただくコースです。幼児クラスもございます。

【時 間】小学生クラス 10:30-12:30(120分)

【対 象】小学1年生~6年生
     *12回すべてにご参加いただける方を対象としています。

【定 員】各クラス20名

【参加費】48,000円(12回分/税込)

【申 込】先着順

【ホームページ】 https://www.canvas.ws/kenkyujo/laboratory/takeshiba2022_s.php